サイバー攻撃の脅威

米鉄道会社に仕掛けられたウイルス「ブラスター」とは

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷

 2003年8月20日、北米で運行している大手鉄道会社の本社にあるコンピューターシステムがウイルスに感染し、信号管理システムが午前1時15分からシャットダウンしてしまった。ミシシッピ川以東の23の州をまたぐ同社の鉄道システム全体に影響が一時及んだ。

 当時、「ブラスター」と呼ばれるこのコンピューターウイルスは世界中で猛威をふるっていた。米セキュリティー企業シマンテックによると、このウイルスに感染したコンピューターの数は全世界で42万3000台以上にのぼる。

 コンピューターソフトウエアの弱点を突いて侵入し、自分で自分をコピーして自己増殖していくため、ネズミ…

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1503文字)

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。