スルガ銀行 不正の構図

「スルガ銀行は被害者に償え!」金融庁命令の強制力

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見の冒頭で謝罪するスルガ銀行の有国三知男社長(手前)=2018年10月5日、梅村直承撮影
記者会見の冒頭で謝罪するスルガ銀行の有国三知男社長(手前)=2018年10月5日、梅村直承撮影

金融庁の業務停止命令(1)

 シェアハウス融資で多数の不正があったスルガ銀行をめぐり10月5日、大きな動きがあった。金融庁がスルガ銀行の不正の事実を認定し、6カ月間の一部業務停止を含む行政命令を出したのだ。これを受け、スルガ銀行が謝罪会見を行い、シェアハウス購入者から委任を受けた被害弁護団も記者会見を開いた。不正融資で1億円前後の借金を負った多くの購入者への対応はこれで進むのだろうか。

 金融庁がホームページに掲載した公表文を見てみよう。シェアハウスなど投資用不動産をめぐる不正融資、創…

この記事は有料記事です。

残り1388文字(全文1631文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz