スルガ銀行 不正の構図

被害弁護団との交渉を拒絶するスルガ銀行の理屈は?

編集部
  • 文字
  • 印刷
金融庁の行政命令発表を受けて記者会見する「被害弁護団」の河合弘之団長(左)ら=2018年10月5日、五十嵐朋子撮影
金融庁の行政命令発表を受けて記者会見する「被害弁護団」の河合弘之団長(左)ら=2018年10月5日、五十嵐朋子撮影

金融庁の業務停止命令(2)

 スルガ銀行に対して金融庁が一部業務停止を含む行政命令を出した10月5日の夜、「スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団」(団長・河合弘之弁護士)が記者会見を開いた。弁護団は、シェアハウス購入者へのスルガ銀行の対応を厳しく批判した。スルガ銀行が弁護団との交渉を9月上旬以来、拒否しているというのだ。

 弁護団は3月に発足し、シェアハウス購入者から委任を受けて銀行と交渉を続けてきた。弁護団に委任した購…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1310文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz