人生に必要な「おカネの設計」

NISAを活用して「子供の進学費用」作りを目指す

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 「人生100年時代」と言われるようになりました。長寿化は幸せなことですが、老後資金に不安を感じる人は多いでしょう。生涯受給できる公的年金は心強い制度ですが、それだけで老後の生活費すべてをまかなうのは難しい状況です。多くの人は、働いている間にためたお金を取り崩し、公的年金だけでは足りない分を補います。

 働いている間にお金をためる方法は、労働収入だけではありません。金融商品に投資することで得られる収入…

この記事は有料記事です。

残り1767文字(全文1968文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。