職場のトラブルどう防ぐ?

48歳パート女性が困った「上司の自覚なきセクハラ」

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷

 A代さん(48)は大型小売店でパート販売員として働き、今年で7年目です。今春から担当売り場のパートリーダーを任されていますが、上司である売り場責任者のB課長(54)の言動に悩まされています。

「過度にフレンドリー」売り場責任者

 B課長は、A代さんがパートリーダーとなった時に他店から異動してきました。声が大きく、客やパートに笑顔であいさつし、売り場で困っているお年寄りや外国人に積極的に声をかける快活な人です。A代さんは、異動直後のB課長から「僕はこの売り場を担当するのは初めて。頼りにしているからよろしく」と言われ、「一緒に仕事をしやすそうな人」と思いました。しかし、すぐにB課長の過度にフレンドリーな言動に困惑するようになりました。

 ある朝、制服に着替える前に店内でB課長にばったり会うと、「A代さんの私服、色っぽいよね。昨日は旦那…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2104文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/