高齢化時代の相続税対策

祖父は父の兄? 40代娘が驚いた「不思議な家の相続」

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 「不思議な家族なんです」。父親の相続の相談で訪れた40代のA子さんがこう切り出した。

実は「いとこ」だった叔母

 A子さんはこれまで親族にあまり関心がなかったが、相続のため父親の戸籍謄本を取り、記載内容を確認した。すると、そこには思ってもいなかったことが記されており「親族関係がよくわからなくなった」という。

 どういうことなのか。A子さんが入手した戸籍謄本を確認してみると、不謹慎ではあるが、確かにそこには「…

この記事は有料記事です。

残り1363文字(全文1566文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。