名家のルーツ

「三方よし」の理念持つ近江商人が祖 ふとんの西川家

森岡浩・姓氏研究家
  • 文字
  • 印刷
大手寝具メーカー「日本橋西川」(東京・日本橋)の羽毛布団売り場=2002年撮影
大手寝具メーカー「日本橋西川」(東京・日本橋)の羽毛布団売り場=2002年撮影

 近江商人という言葉を聞いたことがあるだろうか。伊勢商人と並んで、日本を代表する商人の名称だ。近江国(滋賀県)の東部、琵琶湖の東側は、東海道、中山道、北陸道が通る交通の要衝で、鎌倉時代にはすでに近江商人の原形が登場していた。

 彼らは、近江八幡、日野、五個荘、長浜などを根拠地として、畳表や蚊帳、薬などの物産を取り扱い、日本各地を巡って売り歩いた。「売り手よし、買い手よし、世間よし」の「三方よし」という近江商人の理念は、企業の社会的責任(CSR)の先取りといわれることもある。

 こうした近江商人出身の創業者を持つ企業は多数ある。中でも代表といえるのが、近江八幡で山形屋と号した…

この記事は有料記事です。

残り1359文字(全文1647文字)

森岡浩

姓氏研究家

1961年、高知県生まれ。早稲田大学在学中に独学で姓氏研究を始める。文献調査やフィールドワーク、統計を用いた実証的手法を用いる。2017年4月からNHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」に出演。著書、多数。