高齢化時代の相続税対策

妻に先立たれ自分もがんに 66歳「終活への思い」

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 首都圏在住のHさん(66)。東北出身で、東京の大学を卒業後、大手家電メーカーに就職し、仕事一筋で関連会社の役員にまでなった。

企業戦士を引退「家族と人生を楽しむ」

 バリバリの企業戦士だったが、60歳定年をもって仕事からは潔く身を引いた。長い間、家庭を顧みず、家族にたくさん迷惑をかけたとの反省からだ。娘2人の子育ても全て妻任せだった。その娘たちもすでに結婚し、今ではそれぞれ子供2人の家庭を持つ。

 仕事に精いっぱいで、できなかったことを老後の生活の中で取り戻し、妻と一緒に楽しむつもりだった。孫と…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1134文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。