ミンスクの都心。ここはいったいどこの国?と思うほど無国籍な近代空間と化している(写真は筆者撮影)
ミンスクの都心。ここはいったいどこの国?と思うほど無国籍な近代空間と化している(写真は筆者撮影)

グローバル藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

侵略され続けた街「ミンスク」で藻谷浩介が思ったこと

藻谷浩介 / 地域エコノミスト

ベラルーシ・ミンスク編(1)

 現在54歳の筆者が小学生のころ、プラモデルの花形はガンダムではなく戦艦だった。なかでも空母ミンスクと言えば、ウラジオストクが母港の“悪玉・旧ソ連太平洋艦隊”の主力として、日本中の模型マニアが一度は作ったものだ。しかしその名の元となったミンスクは、海も山もなくひたすらに平べったい内陸国・ベラルーシの首都である。欧州最後の独裁国家とも言われるこの地味な国の知られざる首都に、わざわざ行って見えたものと、考えたこと。

この記事は有料記事です。

残り2912文字(全文3133文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

藻谷浩介

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外95カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカの服やクラフトを売る店が150店も並ぶ「ウォーターシェッド」でエスワティニ(旧スワジランド)の手作り品を売っていた黒人と白人のコンビ(写真は筆者撮影)

ケープタウンを探索 カラフルな街並み“意外に安全”

 ◇南アフリカ編(2) シンガポールとヨハネスブルクで乗り換え、羽田から24時間少々かけてたどりついた、南アフリカ共和国のケープタ…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

遅刻常習バイトを解雇 コンビニ店長が払った“代償”

 A郎さん(36)はコンビニエンスストアの店長です。1カ月前にアルバイトで採用した高校生のB子さん(17)の遅刻や欠勤が多かったり…