MRJが世界を飛ぶ日

新たに訴訟を抱えMRJ「型式証明」取得は大丈夫か

編集部
  • 文字
  • 印刷
英ファンボロー航空ショーに出展されたMRJ(三菱航空機提供)
英ファンボロー航空ショーに出展されたMRJ(三菱航空機提供)

 三菱航空機が国産初のジェット旅客機として開発中の「MRJ(三菱リージョナルジェット)」にまた一つ難題が降りかかっている。カナダの小型機航空機メーカー・ボンバルディアが10月19日、三菱航空機に対し「ボンバルディア社の企業秘密を入手するために同社の社員を雇用した」として訴えたのだ。MRJの全日本空輸(ANA)への1号機納入は5回延期して2020年半ばになっている。これ以上の遅れは許されないが、果たして大丈夫なのか。

 MRJが成功するための第一関門は、米欧日などの航空当局の安全証明となる「型式証明」を取得することだ…

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1936文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz