経済プレミア・トピックス

2020年「ミドリムシ燃料」でジェット機が飛ぶ日

田中学・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
「グリーンオイルジャパン」を宣言したユーグレナの出雲充社長(中央)=2018年11月2日、田中学撮影
「グリーンオイルジャパン」を宣言したユーグレナの出雲充社長(中央)=2018年11月2日、田中学撮影

 2020年までにミドリムシ由来の国産バイオジェット燃料の実用化を目指すバイオベンチャー「ユーグレナ」が11月2日、横浜市鶴見区に建てたバイオ燃料製造実証プラントの落成式を行った。藻の一種であるミドリムシの燃料でジェット機が飛ぶ日が一歩近づいた。【田中学】

日本をバイオ燃料先進国に

 ユーグレナの出雲充社長は同日、横浜市鶴見区に完成した日本初のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラント敷地内で行われた記者発表会で「グリーンオイルジャパン」を宣言した。15年12月に「国産バイオ燃料計画」を共同で発表した横浜市や全日本空輸など1市5社に1団体が加わった。出雲社長は、「欧米に比べて周回遅れの日本をバイオ燃料先進国にすることを真剣に実現していきたい」と述べた。

 実証プラントは19年春から本格稼働し、微細藻類ミドリムシ(学名ユーグレナ)や廃食油を主原料とするバ…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1798文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

田中学

経済プレミア編集部

1979年東京都生まれ。中央大文卒。出版社勤務を経て、2014年11月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。