ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社会の効率性向上やさまざまな事業体でのコスト削減、省力化が期待できるだけに重要な問題だが、最近の論議にはある種の懸念も抱かざるを得ない。いったい、国レベルではどこがその責任を担っているのかが判然としないからだ。

この記事は有料記事です。

残り1333文字(全文1503文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。