名家のルーツ

400年続く名古屋の名家「松坂屋百貨店」の伊藤家

森岡浩・姓氏研究家
  • 文字
  • 印刷
上野松坂屋付近の航空写真=撮影日不詳
上野松坂屋付近の航空写真=撮影日不詳

 名古屋の老舗百貨店「松坂屋」で創業家一族として最後の社長を務めた伊藤次郎左衛門祐洋(すけひろ)氏が今年7月2日、85歳で亡くなった。「伊藤」と「祐洋」の間に「次郎左衛門」という名乗りが入るあたりに、名家としての歴史があることがわかる。

 祐洋氏は、東海経済界の雄として君臨した松坂屋を経営した伊藤家17代目の当主で、1980(昭和55)年に社長に就任した。ところが、85年に「お家騒動」が勃発、祐洋氏が会長になることで収束したが、以後伊藤家の当主は松坂屋の社長に就任していない。松坂屋自体も、2007年に大丸と経営統合を発表し、10年には大丸松坂屋百貨店となった。

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1841文字)

森岡浩

姓氏研究家

1961年、高知県生まれ。早稲田大学在学中に独学で姓氏研究を始める。文献調査やフィールドワーク、統計を用いた実証的手法を用いる。2017年4月からNHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!」に出演。著書、多数。