週刊エコノミスト・トップストーリー

小田急電鉄社長が語る「複々線効果と新宿・箱根作戦」

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
星野晃司・小田急電鉄社長
星野晃司・小田急電鉄社長

星野晃司・小田急電鉄社長インタビュー

 鉄道業界は人口減の影響を受けやすいとされるが、首都圏や関西圏などの大手私鉄17社は、2017年度の輸送人員合計が過去最高を更新した。訪日外国人観光客(インバウンド)や沿線魅力づくりについて小田急電鉄の星野晃司社長に語ってもらった。週刊エコノミスト11月20日号の巻頭特集「攻める私鉄」よりダイジェストでお届けする。

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2247文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。