知ってトクするモバイルライフ

日本人の好みに応えたシャープ・アクオス小型スマホ

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月
手のひらにしっかり収まる「アクオスR2コンパクト」。発売は1月

 シャープが、小型スマホの「アクオスR2コンパクト」を開発。ソフトバンクから2019年1月に発売されるほか、SIMフリーモデルとして格安スマホ事業者などへ納入することも検討している。

 同モデルは幅64ミリと手の小さな人でも片手持ちできるサイズ感にこだわった1台。一方で、ディスプレーを上下に広げて、5.2型のものを採用した。横幅は昨年発売されたiPhone 8よりもスリムだが、画面の対角線は約1.3センチも大きくなり、小型のスマホを求めている人にはうってつけの端末といえる。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1438文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。