経済プレミア・トピックス

ピース又吉と中村文則が語る「小説を書く人間とは」

川村彰・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
作家の又吉直樹さん(左)と中村文則さん=2018年11月16日、藤井達也撮影
作家の又吉直樹さん(左)と中村文則さん=2018年11月16日、藤井達也撮影

 お笑い芸人で作家の又吉直樹さん(38)と、「銃」「教団X」などで知られる作家の中村文則さん(41)が11月16日夜、東京都新宿区の紀伊国屋ホールでトークイベントに登壇し、「小説を書く人間」をテーマに語り合った。

 イベントは、中村さんが2014年に毎日新聞夕刊で連載した小説「あなたが消えた夜に」の文庫化を記念して、毎日新聞出版と紀伊国屋書店の共催で行われた。又吉さんは18年9月から毎日新聞夕刊で小説「人間」を連載している縁がある。

 2人が壇上に登場すると、会場いっぱいに拍手が起こった。中村さんが「実は又吉君とは10年以上の付き合いなんですけど、こうして人前で2人で話すのは初めて。だからすごく新鮮」とあいさつすると、話は2人が出会った頃のエピソードへ。

 中村さんは「(知人の紹介で)会いに行ったら、ぼんやりとした雰囲気の人が、暗いところにたたずんでいて……」と又吉さんの第一印象を率直に語り、会場の笑いを誘った。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1403文字)

川村彰

経済プレミア編集部

1974年静岡県生まれ。広告記事等のフリーライターを経て、2015年4月、毎日新聞デジタルメディア局に配属。