サイバー攻撃の脅威

エストニア国家機能をまひさせた大量のDDoS攻撃

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷

 ロシアとラトビアに挟まれる人口130万人のエストニアは、IT先進国として知られ、無料通話サービスのスカイプを生んだ国である。行政手続きの99%がオンラインでできる。

 エストニアは激動の歴史を歩んでいる。近代だけを見ても、1940年に旧ソ連によって併合され、41年に独ソ戦勃発後はナチス・ドイツに占領された後、44年に旧ソ連に再占領された。独立を回復したのは91年である。

 天然資源が少ない小国のエストニアが独立後、生産性向上のために選んだのがITだった。2001年に電子…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1530文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。