キャリアを築くヒント

「やりたいこと」に没頭する時間が仕事の質を高める

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 キャリアアップを目指すビジネスマンであれば、どのような能力を伸ばすべきか、何を勉強すべきかを常に意識する必要があります。ただ、仕事をする上で伸ばすべき能力と、自分が本当にやりたいことや興味があることと、必ずしも一致しないケースもあるでしょう。

 私は現在、政府CIO(内閣情報通信政策監)の補佐官として、IT(情報技術)システムの統合や管理について周囲から頼られることが多く、日々、スキルを高めていく必要があります。ただ実際には、その分野に強い興味があるわけではありません。それでも日々研さんを積まなければ知識はすぐに陳腐化し、役立たなくなります。興味のない分野でも本を読んだり、研修に出たりする必要があります。

 では、興味のないことにも集中して能力を伸ばすにはどうしたらよいでしょうか。今回は私自身の経験をお話…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1776文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。