週刊エコノミスト・トップストーリー

未来のクルマを牛耳る?通信特許連合「アバンシ」とは

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷

 産業あるところに知的財産あり。あらゆる業界でその攻防が激しさを増している。100年に1度と言われる大変革期に突入した自動車業界も例外ではない。週刊エコノミスト12月4日号の巻頭特集「稼げる特許・商標・意匠」からダイジェストでお届けする。

元エリクソン幹部が創設

 自動車業界ではいま、各社が「つながる車(コネクテッドカー)」の研究開発にしのぎを削る。そんな中、自動車メーカーを相手に無線通信特許の有償使用契約をもちかける強大な組織が出現した。米国に実質的な活動拠点を置く「アバンシ(AVANCI)」がそれだ。

 通信事業世界大手のエリクソン(スウェーデン)の元CIPO(知的財産最高責任者)のカシム・アルファラ…

この記事は有料記事です。

残り2349文字(全文2653文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。