ニュースをウラ読み

ゴーン前会長逮捕が問いかけた「高すぎる役員報酬」

位川一郎・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
三菱自との資本業務提携を発表する日産のカルロス・ゴーン社長(当時)=横浜市で2016年5月12日、徳野仁子撮影
三菱自との資本業務提携を発表する日産のカルロス・ゴーン社長(当時)=横浜市で2016年5月12日、徳野仁子撮影

 日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者が、有価証券報告書に報酬額を少なく記載した疑いで逮捕され、解任されました。カリスマ経営者の退場に世界が驚き、ルノー・三菱自動車との3社連合の行方が関心を集めていますが、もう一つ注視したいことがあります。今回の事件が日本の経営者の報酬水準に与える影響についてです。

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1470文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

位川一郎

毎日新聞紙面審査委員

 1957年広島県生まれ。東京大経卒。81年埼玉新聞社入社。88年毎日新聞社入社。水戸支局、経済部、総合メディア事業局、地方部などを経て、2004~10年経済部編集委員。国土交通省、農水省、総務省などを担当し、ライブドア騒動、米国産牛肉の輸入再開、公共事業問題などを取材。13年から現職。