キャリアを築くヒント

仕事でどうしても必要な知識を「最速」で得る方法

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 仕事上どうしても必要な知識や能力がある場合、それが差し迫っているときほど人は思った以上の成長を遂げます。

 例えば私は、1年間勉強してもなかなか覚えられなかった会計の知識が、金融機関の財務会計システム開発に携わったことで、一通りわかるようになった経験があります。「必要は発明の母」という言葉がありますが、ビジネスマンに合わせれば「必要は成長の母」と言えるでしょう。

 逆に考えると、ある知識や能力を得たければ、それが必要な仕事を買って出るのが効果的です。IT(情報技…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1233文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。