スルガ銀行 不正の構図

スルガ銀行が公表した「117人懲戒処分」の中身

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見に臨む有国三知男・スルガ銀行社長=静岡県沼津市で2018年11月30日、今沢真撮影
記者会見に臨む有国三知男・スルガ銀行社長=静岡県沼津市で2018年11月30日、今沢真撮影

業務改善計画(2)

 スルガ銀行の有国三知男社長は11月30日に開いた記者会見で、シェアハウスをめぐる不正融資の人事処分を発表した。不正融資を主導した麻生治雄・元専務執行役員を同27日付で懲戒解雇したほか、117人に対して降格や停職といった懲戒処分を行った。

 117人の役職は、執行役員12人、理事1人、支店長・部長級44人で、その他は一般行員だった。処分内容は降格19人、停職・昇給停止24人、減給44人、けん責30人だった。

 処分対象者のうち、融資審査資料となるシェアハウス物件の賃料見通しを改ざんした行員が11人、改ざんす…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1182文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz