人生に必要な「おカネの設計」

毎月の取り崩し額がわかる「老後設計の基本公式」とは

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 多くの人は、公的年金とリタイアまでにためた資金を取り崩して老後の生活費とします。老後の生活費がいくらになるのかがわかれば、いたずらに心配する必要がなくなります。もし資金が足りなければ、リタイアまでに貯蓄額を増やすための対策を取ることができます。今回は、生活費の目安がわかる「老後設計の基本公式」を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文1961文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。