キャリアを築くヒント

面接官に今の職場を否定されてわかった「自分の長所」

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 ビジネスマンが「転職」を考える時は、今の仕事や職場に何らかの不満があったり、他社に比べて魅力に乏しいなどと感じているはずです。「環境が変わればもっと活躍できる」といった期待を抱く人も少なくないでしょう。

 しかし、そうした思いだけでは、転職はなかなかうまくいきません。今回は、数回の経験がある私自身の転職についての考えをお話しします。

 私が転職活動をしていた時に、ある会社の面接を受けました。その際、私が志望動機を話し終えたところで、面接官が私の所属していた会社について、さまざまな否定的な発言をし始めました。

 その内容は、「あなたの会社は、製品の値が張るわりに品質がイマイチですよね」「顧客満足度も低いから業績もジリ貧でしょう。働いていても楽しくないのではないですか?」といった感じでした。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1323文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。