人生に必要な「おカネの設計」

共働きが陥りやすい「ブラックボックス家計」の問題点

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 会社員のA子さん(31)は3年前に結婚し、会社員の夫(38)と2人暮らしです。先日妊娠が判明し、夫婦で喜んだそうです。しかし、A子さんは急に心配になったことがあり、私のところに一人で相談に来ました。心配の原因は「ブラックボックス家計」でした。

 相談に来たA子さんの話を聞くと、A子さん夫妻は共働きのため、それぞれで財布を管理しています。夫が家賃や光熱費など月20万円ほどを負担し、A子さんが食費を負担しています。

 A子さんは、仕事帰りにデパ地下でちょっと高めの調理済み西洋総菜や高級ワインなどを買うことが多く、月10万円前後の支出です。夫婦2人の食費としては高めです。それでも、残りの手取り月15万円ほどと賞与は、すべて自分が好きなように使えます。夫婦で互いに旅費を出し合い年2回ほど国内外を旅行するなど、夫婦円満で楽しい結婚生活だそうです。

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1688文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。