マンション・住宅最前線

大船のマンション「最多7000万円」でも人気の理由

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
再開発事業完成予想図。左から「 ブランズタワー大船」、大規模商業施設、大船駅
再開発事業完成予想図。左から「 ブランズタワー大船」、大規模商業施設、大船駅

 12月8日まで行われた第1期第1次で113戸を販売したマンションがある。約55~132平方メートルの2LDK~4LDKは4968万~1億6960万円で、最多価格帯は7000万円だったが、抽選になる住戸も出る人気ぶりだった。

駅直結で徒歩1分

 実は、これは都心部の話でもなければ、人気エリアの武蔵小杉や吉祥寺でもない。横浜市栄区と鎌倉市の境にある大船駅周辺での話だ。

 そのマンションは、東急不動産が事業主となる「ブランズタワー大船」。JR東海道線などが利用できる大船…

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1580文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。