職場のトラブルどう防ぐ?

正社員のはずが「契約更新なし」28歳販売員の困惑

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷
 
 

 A代さん(28)は、婦人服販売店の販売員です。働き始めて10カ月になりますが、なかなか売り上げが上がらず、苦しんでいます。ある日、店舗責任者のB夫さんから「このままだと次の契約更新はない」と言われて驚きました。正社員として入社したと思っていたからです。

採用時に雇用契約の書面なし

 A代さんが勤務するのは、婦人服製造卸会社の直営店です。会社ウェブサイトの「販売員募集」を見て応募し、B夫さんの面接を受け、採用されました。面接では勤務日数や勤務時間、給料額、賞与や退職金はないなどの主な勤務条件を口頭で伝えられました。そして「勤務条件はウェブサイトの記載と同じです。わからないことはいつでも聞いてください」と言われ、入社後に雇用契約書などの書面を受け取ることはありませんでした。

 A代さんは雑貨店で販売の経験がありましたが、婦人服は初めてでした。各販売員に売り上げ目標がある職場…

この記事は有料記事です。

残り1680文字(全文2068文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/