カリスマ転落

ゴーン前会長再逮捕 日産「不正調査公表」いつ決断?

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見する日産の西川広人社長=2018年12月17日、藤井達也撮影
記者会見する日産の西川広人社長=2018年12月17日、藤井達也撮影

ゴーン前会長再逮捕(1)

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が特別背任容疑で再逮捕される事態のなか、日産が不正に関する社内調査結果をいつ公表するかが注目されている。日産はこれまで、社内調査で前会長のさまざまな不正を確認したと説明してきたが、詳細については明らかにしてこなかったからだ。

 日産が12月17日に行った記者会見で、西川広人(さいかわ・ひろと)社長兼最高経営責任者(CEO)は、ゴーン前会長の不正がどれだけひどいものであるか繰り返し強調した。

 西川社長は記者会見で次のように発言した。「社内調査ではさまざまな不正を確認している。今、感じている…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1010文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz