カリスマ転落

形ばかり?「日産ガバナンス改善委」への疑問

編集部
  • 文字
  • 印刷
日産のカルロス・ゴーン前会長=2016年5月12日、徳野仁子撮影
日産のカルロス・ゴーン前会長=2016年5月12日、徳野仁子撮影

ゴーン前会長再逮捕(2)

 日産自動車が12月17日に設置した「ガバナンス改善特別委員会」がどこまで機能するか疑問の声が出ている。カルロス・ゴーン前会長の逮捕・起訴を受け、経営体制の立て直しを狙いに設置したとみられるが、委員会が実質的な協議に入る前に、事態はゴーン前会長の勾留延長却下、特別背任容疑で再逮捕といった急展開を見せているからだ。

 日産の「ガバナンス改善特別委員会」は12月17日の取締役会で設置が決まった。来年3月末をめどにガバ…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1400文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz