キャリアを築くヒント

自己評価の低い人が「メンター役」で様変わりした理由

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 私が以前勤めていたIT企業に「メンター制度」というものがありました。職場の上司ではなく、一緒に仕事をしない先輩社員を若手社員の相談役(メンター)とする制度です。メンターは、仕事はもちろん家庭や健康のことまで相談に乗ります。上司への不満などを聞いてくれるメンターもいました。そうした不満に対する有効な助言がなくても、若手社員は心情を吐露できるため、心身の健康ややる気の維持につながっていました。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1129文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。