経済プレミアインタビュー

不足する修繕積立金「住民の無関心」が生み出す危機

編集部
  • 文字
  • 印刷

不動産コンサルタント・長嶋修さんに聞く(2)

 マンションを買ってしまえば管理には無関心な住民の意識と、それにつけ込む業者の存在。マンションが抱える問題は複雑だ。不動産コンサルティング会社、さくら事務所会長の長嶋修さん(51)にマンションの現場を覆う課題を聞いた。【聞き手、経済プレミア編集部・渡辺精一】

 ――マンションが老朽化し、住民も高齢化して管理がおろそかになり、ますます建物が劣化する。悲惨なマン…

この記事は有料記事です。

残り1800文字(全文2001文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz