経済プレミアインタビュー

少数精鋭の理事がいればマンションの将来は明るい

編集部
  • 文字
  • 印刷
長嶋修さん
長嶋修さん

不動産コンサルタント・長嶋修さんに聞く(3)

 管理組合が先頭に立ち適切な管理で長寿命化に取り組んでいるマンションもある。不動産コンサルティング会社、さくら事務所会長の長嶋修さん(51)に、マンションを資産化するためのポイントを聞いた。【聞き手、経済プレミア編集部・渡辺精一】

 ――マンションに住むには、管理するという意識を持たないといけない、ということですね。

 ◆長嶋修さん そうです。ただし全員が全員持つ必要はない。管理が成功しているマンションをみると、やる…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1854文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz