週刊エコノミスト・トップストーリー

ビットコイン大暴落のなかで生き残る仮想通貨は?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 仮想通貨バブルが崩壊し、価格が低迷するなか、仮想通貨は視界不良だ。数ある仮想通貨のなかで生き残るのはどの「コイン」か。週刊エコノミスト2019年1月1日・8日合併号の特集「2019世界経済総予測」からお届けする。【大和総研研究員・矢作大祐】

リップルが2割下落にとどまった理由

 仮想通貨を代表するビットコインの価格下落が止まらない。2018年6月以降、約5000~8000ドル(約57万~90万円)で推移してきた相場は11月に急落。12月以降は約3000~4000ドル(約34万~45万円)で、17年12月の最高値の約6分の1に暴落している。

 11月の急落は、17年にビットコインから分裂した「ビットコインキャッシュ(BCH)」が関係者の意見…

この記事は有料記事です。

残り1272文字(全文1593文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。