藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

カジノにすべてを委ねて「マカオ」の未来は大丈夫か

藻谷浩介・地域エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
マカオにおけるイエズス会の拠点だったセントポール天主堂跡(写真は筆者撮影)
マカオにおけるイエズス会の拠点だったセントポール天主堂跡(写真は筆者撮影)

中国・マカオ編(2)

 「南欧が中国化した」ような感じのマカオの旧市街地。迷路状の街路の両側に、老朽化した中層ビルが密集する。ポルトガルワインとともに「南欧風中華料理?」をゆっくり賞味してから、街歩きを再開した。

前面の壁だけの教会にザビエルが眠る

 数分歩くと、聖ドミニコ広場に出た。目の前に、1587年に着工されたという聖ドミニコ教会がある。2005年に世界歴史遺産に登録された22の建造物と八つの広場の中でも、よく写真で見るランドマークだ。レモンイエローのしっくいで塗られたファサード(建物の正面)、白が基調の建物内、いずれにもラテン系の優れた美意識が表れている。

 ドミニコ会は13世紀にイタリアで結成された修道士会で、16世紀にはイエズス会とともに、アジアや新大…

この記事は有料記事です。

残り3033文字(全文3365文字)

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外105カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。