育児サバイバル

南青山児童相談所を「迷惑施設」と決めつける人たち

藤田結子・明治大商学部教授
  • 文字
  • 印刷
港区子ども家庭総合支援センターの建設予定地=東京都港区南青山5で2018年12月26日、戸嶋誠司撮影
港区子ども家庭総合支援センターの建設予定地=東京都港区南青山5で2018年12月26日、戸嶋誠司撮影

 東京都港区は12月14日、都心一等地の南青山地区に2021年4月の開設を予定している「(仮称)港区子ども家庭総合支援センター」の住民説明会を、同区内で開きました。センターを巡っては周辺住民が反対運動を進めていることから、運動への賛否がテレビやインターネットで盛んに報じられています。社会的、経済的格差の拡大が議論されるなか、高所得層が住む南青山エリアで、誰が児童相談所を迷惑というのでしょうか。

 10月に開催された1回目の住民説明会を伝えるテレビニュースでは、会場の前方で中高年男性が怒鳴り声をあげ、区の担当者に食ってかかる様子が放映されました。「ネギ一つ買うにも(高級スーパーの)紀ノ国屋に行くような状況で、家庭内暴力(DV)で保護される方々はすごく生活に困窮されている方だと聞いていますので……」という女性の発言も報じられました。

 12月14日の2回目の説明会の映像では、「入居した子どもが休日に外に出て、あまりにも幸せな家族、着飾った両親と自分の家庭を見た時のギャップをどう思うか心配」といった意見も出ました。

この記事は有料記事です。

残り2926文字(全文3385文字)

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。