熊野英生の「けいざい新発見」

米中激突や消費増税…今年の「経済リスク」を検証する

熊野英生・第一生命経済研究所 首席エコノミスト
  • 文字
  • 印刷
2019年の日本経済はどうなるか…
2019年の日本経済はどうなるか…

 新年だから今年の経済のことを考えたい。ズバリ日本経済は、いくつかのリスクを乗り切れれば、安定成長が見込まれる。ただ、リスクがどこまで広がるか、それに耐えられるか、がポイントだ。

予測不能の「トランプ政策」

 年末は株価が大きく下落した。「トランプ大統領のせいだ」と言えばそれまでだが、この状況は2019年はもっと複雑化していきそうだ。

 ひとつ言えることは、米国が中国からの輸入品に高関税をかけることは、中国だけではなく、米国企業にとっ…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文1950文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

熊野英生

第一生命経済研究所 首席エコノミスト

1967年山口県生まれ。横浜国立大学経済学部卒業。90年、日本銀行入行。調査統計局などを経て、2000年、第一生命経済研究所入社。11年4月から現職。専門は金融政策、財政政策、金融市場、経済統計。