キャリアを築くヒント

「やりがいか給料か」キャリア選択で重要な“心構え”

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 現在、私は政府のCIO(内閣情報通信政策監)の補佐官を務めていますが、この職に就く時に悩んだことがあります。端的に言えば収入の問題です。国家公務員の給料は大手IT企業と比べると、どうしても見劣りします。同僚の中には「以前の収入の半分になった」という人もいます。CIO補佐官だけに限りませんが、IT企業に勤める人が国家公務員になる場合、「仕事のやりがいか、給料か」の選択を経験するケースがあります。

 会社員であれば、転職や異動希望、新しいプロジェクトへの参加など大きな選択を迫られることがあります。選択肢の中でどれが正解なのかと迷った経験を持つ人も多いでしょう。数度の転職経験がある私も、かつての同僚たちが自分の2倍近い収入を得ていることを知ると「会社にい続けたら今ごろは……」などと考え込むことがないといえばウソになります。

 私がIT企業に勤めていた時の上司に、非常に優秀で何度となく他社からヘッドハンティングを受けている人がいました。その人は転職せずに定年を迎えましたが、「結局は自分の選択が正解」とよく言っていました。転職をしなかったのが正解というわけではなく、「自分がしっかり考え抜いて選択したのであれば、結果はどうあれ正解だ」という意味でした。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文1114文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。