スルガ銀行 不正の構図

スルガ銀行支配の源「岡野家ファミリー企業」の実態

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀行の創業家、岡野家が設立した美術館や文学館の案内板=静岡県長泉町
スルガ銀行の創業家、岡野家が設立した美術館や文学館の案内板=静岡県長泉町

岡野家ファミリー企業(1)

 2018年の年の瀬も押し迫った12月27日、スルガ銀行は緊急の記者会見を開いた。創業家・岡野一族が実権を握るファミリー企業と銀行との間で不正な融資があったとして、岡野光喜前会長を含む旧経営陣ら5人に32億円の賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こしたのだ。

 スルガ銀行が岡野前会長らを相手取って起こした訴訟は2回目だ。1回目は、シェアハウスをめぐる不正融資で損害を被ったとして、前会長ら9人に対し35億円の賠償を求めた。賠償請求額は二つ合わせて67億円となった。二つの訴訟は併合されず、静岡地裁で別々に訴訟手続きが進む。

 今回の訴えの対象となった不正は、外部の弁護士などで組織する取締役等責任調査委員会が行った調査で認定…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1477文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz