人生に必要な「おカネの設計」

“浪費癖”抜けない共働き夫婦が貯蓄体質になる方法

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷
 
 

 「ブラックボックス家計」の会社員A子さん(31)は会社員の夫(38)がいますが、互いの収入や貯蓄額を知りません。妊娠を機に、夫を説得して「ガラス張り家計」にすることにしました(前回参照)。「ガラス張り家計」は、夫婦が互いの収入や支出をしっかりと管理できている家計です。大切なのは、2人の収入を合算して一つの家計とし、「必要貯蓄額」を求めてしっかり貯蓄していくことです。今回は、A子さん夫妻の家計改善の模様をお伝えします。

この記事は有料記事です。

残り1722文字(全文1933文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。