ベストセラーを歩く

生きづらさを論じる東工大リベラルアーツの「平成論」

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
 
 

 平成とはどういう時代だったのか。そんな問いかけがいろいろなメディアで目立つようになった。元号で時代を考えるのは日本人の心情で、次代を展望するためにも、この30年について思いをはせるのは意義のあることだろう。

 振り返れば、暗い話題の多い日々だった。バブルの崩壊、阪神大震災、オウム真理教による地下鉄サリン事件、アメリカでの同時多発テロ、リーマン・ショック、東日本大震災。グローバル化が進み、ネットが広がり、格差が拡大し、少子高齢化と東京一極集中が進んだ。医療から人工知能(AI)まで科学技術の発達が加速度的に進んでいるようにも見える。

 そんな時代を精神面、特に宗教の側面からとらえようとしたのが「平成論 『生きづらさ』の30年を考える…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1388文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。