社会・カルチャーベストセラーを歩く

生きづらさを論じる東工大リベラルアーツの「平成論」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 平成とはどういう時代だったのか。そんな問いかけがいろいろなメディアで目立つようになった。元号で時代を考えるのは日本人の心情で、次代を展望するためにも、この30年について思いをはせるのは意義のあることだろう。

 振り返れば、暗い話題の多い日々だった。バブルの崩壊、阪神大震災、オウム真理教による地下鉄サリン事件、アメリカでの同時多発テロ、リーマン・ショック、東日本大震災。グローバル化が進み、ネットが広がり、格差が拡大し、少子高齢化と東京一極集中が進んだ。医療から人工知能(AI)まで科学技術の発達が加速度的に進んでいるようにも見える。

 そんな時代を精神面、特に宗教の側面からとらえようとしたのが「平成論 『生きづらさ』の30年を考える…

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1388文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

知ってトクするモバイルライフ
交付された5G基地局開設の認定書を手に記念撮影に臨む携帯電話各社の社長ら=総務省で2019年4月10日、山下浩一撮影

2020年に始まる超高速「5G」は生活を一変させるか

 総務省は、携帯電話事業者4社に割り当てる5Gの周波数を決定した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは、2020年…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ラスベガス・ダウンタウンの老舗カジノホテルのプール。アメリカらしからぬ混雑ぶりが逆に魅力なのか? (写真は筆者撮影)

「ラスベガス」21世紀の米国に残る“昭和感覚”の街

 ◇米国ラスベガス・ダウンタウン編(2) ラスベガス訪問5回目にして初めて訪れたダウンタウン(旧中心市街地)は、米国では他に見たこ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…

メディア万華鏡
 

相次ぐ性犯罪「無罪」判決に欠けた“被害者の心理”

 準強制性交――「新聞の見出しにはとってほしくない」と書いた前々回の記事がアップされた3月11日の翌日、毎日新聞夕刊を見て、ぎょっ…