良い物をより高く売る経営

酷暑日本から逃避行?「夏の釧路」隠れた観光資源

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
JR釧路駅前=筆者撮影
JR釧路駅前=筆者撮影

 中心市街地空洞化の「見本」と言われる北海道釧路市で、夏の避暑客を呼び寄せようという新たな動きが出始めている。避暑客誘致による活性化へのハードルは少なくないが、地方都市が画一的なつくりから脱却するための方策を、釧路市の状況をもとに考えてみたい。

エアコンなしでゆっくり寝られる

 冬の始まる11月。釧路市の中心市街地を散策していた時に寄った鮮魚店のおかみと話をすると、次のように言われた。

 「寒い中来てくださって、申し訳ないわねえ。でも夏は、東京の最低気温が釧路の最高気温だから、お客さん…

この記事は有料記事です。

残り1464文字(全文1706文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。