スルガ銀行 不正の構図

スルガ銀の調査委が創業家の特別背任を否認した理由

編集部
  • 文字
  • 印刷
スルガ銀の不正融資に関する調査報告書について説明する取締役等責任調査委員会の委員=2018年12月27日、藤井達也撮影
スルガ銀の不正融資に関する調査報告書について説明する取締役等責任調査委員会の委員=2018年12月27日、藤井達也撮影

岡野家ファミリー企業(4)

 スルガ銀行の創業家・岡野一族が実権を握るファミリー企業の不正を調査した取締役等責任調査委員会は、岡野光喜前会長らについて、特別背任など刑事責任は認められないと結論づけた。その理由を詳しく報告する。

 取締役の特別背任罪は会社法に規定されている。会社に損害を与える目的で任務に背く行為をし、損害を与える行為だ。10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、あるいはその両方が科せられる。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1152文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz