ニッポン金融ウラの裏

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

浪川攻・金融ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
 
 

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマはやはり、地域銀行の持続性のあるビジネスモデル構築である。

 今年度の第3四半期の決算発表がまもなく行われる。多くの人たちが地域銀行の決算で注目しているのは収益力である。資金利益の減少、投資信託等の手数料収入などの不調が続いているうえに、株式相場の不安定化で、保有している株式、投信の含み損が拡大している可能性があるからだ。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1268文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。