週刊エコノミスト・トップストーリー

荒れる株式市場「トランプ・バブル」はもう終わり?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

 株式市場が大波乱の幕開けとなった2019年。金融市場や実体経済はどうなるのか。週刊エコノミスト1月22日号の巻頭特集「騒乱相場」よりダイジェストでお届けする。

追い込まれたFRB議長

 「適切な経済のためには、我々は素早くかつ柔軟に対応する準備がある」--。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は1月4日、米南部ジョージア州アトランタで開いたアメリカ経済学会のシンポジウムで、緊張した面持ちで発言した。

 2週間あまり前の12月19日、連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見における、「2019年は、…

この記事は有料記事です。

残り1920文字(全文2174文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。