人生100年時代のライフ&マネー

ガチガチすぎる「成年後見制度」が家族に嫌われる理由

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

高齢者の資産管理(2)

 「大認知症時代」が間近に迫っている。2030年には認知症の人が744万人に達する見通しだ。だが、判断能力が低下した人を法的に保護する成年後見制度はスタートから約20年になるが、活用はなかなか進まない。制度の抱える問題点を探った。

「任意」と「法定」の違い

 成年後見制度は、判断能力が十分ではない人の権利を守る援助者を選び、法律的に支援する仕組みだ。制度の種類は大きく二つある。

 まず、判断能力が問題ない時に、将来判断能力が不十分になった場合にしてほしいことを、あらかじめ選んだ…

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1786文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。