経済プレミアインタビュー

39歳MTBライダーが「プロで飯を食える」理由

編集部
  • 文字
  • 印刷
MTBプロライダーの池田祐樹さん=2018年12月25日撮影
MTBプロライダーの池田祐樹さん=2018年12月25日撮影

MTBプロライダー・池田祐樹さんに聞く(下)

 マウンテンバイク(MTB)のプロライダーとして世界で活躍する池田祐樹さん(39)が、初めてMTB競技に触れたのは24歳のときだという。そこからプロを目指すことに周囲の心配の声は絶えなかった。今回は池田さんに「プロライダーとして生きる」とはどういうことなのかを聞いた。【聞き手は経済プレミア編集部・川村彰】

 ――プロになるためにどんなことをしましたか?

この記事は有料記事です。

残り1677文字(全文1875文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz