「多文化共生」の現場

国境を越える人材「選ばれる国」へ日本が必要なこと

永井隆・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
ブラジル料理店「カミナルア」のオーナーシェフ、瀬間仲ノルベルトさん
ブラジル料理店「カミナルア」のオーナーシェフ、瀬間仲ノルベルトさん

 「料理を通し、ブラジルの文化を発信できる」。群馬県大泉町の中心部、東武小泉線西小泉駅の近くにあるブラジル料理店「KAMINALUA(カミナルア)」。オーナーシェフで日系ブラジル人3世の瀬間仲(せまなか)ノルベルトさん(34)が言う。

日系3世・甲子園球児の「社会の貢献」

 母方の祖母は沖縄出身だ。小さい頃から野球が大好きで、中学時代はオール・ブラジルで活躍。宮崎県の日章学園に留学し、3年生だった2002年夏の甲子園で本塁打を放つなど注目され、ドラフト7位で中日ドラゴンズに入団した。だが、1軍経験のないまま、3年で選手生活を終えた。

 引退後の07年、姉と大泉町にブラジル人向けの語学教室を開いた。地域のイベントなどで、趣味のブラジル…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1009文字)

永井隆

ジャーナリスト

1958年群馬県桐生市生まれ。明治大学卒。東京タイムズ記者を経て、92年にフリージャーナリストとして独立。「サントリー対キリン」(日本経済新聞出版社)など著書多数。