社会・カルチャーベストセラーを歩く

吉田修一「国宝」人間の善悪とそこを突き抜けた何か

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 平成期の日本文学を振り返った時、「文学不振」だの「出版不況」だのといった世評とは違って、意外な豊穣(ほうじょう)の時代だったのではないかというのが、私の考えだ。その詳細な分析は他の機会にするとして、幅広い世代の多様な作家が活躍した30年だったように思う。

 その中でも、目立った活躍を見せた書き手の一人が吉田修一であることは、多くの読者が認めるところではないだろうか。1968年生まれの吉田は97年にデビュー。山本周五郎賞受賞の「パレード」と芥川賞受賞の「パーク・ライフ」を皮切りに、「悪人」「横道世之介」「路(ルウ)」「怒り」と話題作、力作を立て続けに発表している。

 吉田の仕事の特徴を二つ挙げよう。一つは純文学と大衆小説の両方で、魅力的な小説を書き続けていることだ…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1556文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=2019年1月23日、後藤豪撮影

日銀保有ETF21兆円と「昭和40年不況」の棚上げ策

 日銀がマイナス金利政策を発動して早くも3年になる。いまのところ、日銀がマイナス金利政策を脱却する見通しは立っておらず、金融機関の…

知ってトクするモバイルライフ
3月1日に発売する「トーンe19」。シンプルなミドルレンジモデルで価格を抑えた

「iPhone1台分で1家族」トーンモバイル新端末

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下で格安スマホ事業を展開するトーンモバイルが、新端末「トーンe19」を3月1日に発…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…