ベストセラーを歩く

吉田修一「国宝」人間の善悪とそこを突き抜けた何か

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
 
 

 平成期の日本文学を振り返った時、「文学不振」だの「出版不況」だのといった世評とは違って、意外な豊穣(ほうじょう)の時代だったのではないかというのが、私の考えだ。その詳細な分析は他の機会にするとして、幅広い世代の多様な作家が活躍した30年だったように思う。

 その中でも、目立った活躍を見せた書き手の一人が吉田修一であることは、多くの読者が認めるところではないだろうか。1968年生まれの吉田は97年にデビュー。山本周五郎賞受賞の「パレード」と芥川賞受賞の「パーク・ライフ」を皮切りに、「悪人」「横道世之介」「路(ルウ)」「怒り」と話題作、力作を立て続けに発表している。

 吉田の仕事の特徴を二つ挙げよう。一つは純文学と大衆小説の両方で、魅力的な小説を書き続けていることだ…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1556文字)

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。