人生100年時代のライフ&マネー

柔軟な財産管理が魅力「家族信託」に注目が集まるワケ

渡辺精一・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
 
 

高齢者の資産管理(5)

 高齢者の資産管理として最近注目を集めているのが「家族信託」だ。自分の財産を信頼する家族に託す新しい手法。成年後見制度より使い勝手がよいとして、司法書士ら専門家が活用セミナーを積極的に開くようになっている。

法改正でクローズアップ

 信託とは、財産を持つ人(委託者)が信頼する人(受託者)に財産を託し、決まった形で管理してもらい、その利益を定められた人(受益者)へ渡す仕組みだ。

 信託は「信託銀行が扱うもの」と思っている人は多いが、実は、営利目的でなければ原則として誰でも受託者…

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1744文字)

渡辺精一

経済プレミア編集部

1963年生まれ。一橋大学社会学部卒、86年毎日新聞社入社。大阪社会部・経済部、エコノミスト編集次長、川崎支局長などを経て、2014年から生活報道部で生活経済専門記者。18年4月から現職。ファイナンシャルプランナー資格(CFP認定者、1級FP技能士)も保有。