キャリアを築くヒント

望まない異動ほど「自分の強み」を知る千載一遇の好機

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷
 
 

 長くビジネスマンを続けていると、望まない異動を命じられることがあります。今回は、自分の状況に悩み、強みを見つめ直した私の先輩の事例を紹介します。

突然の営業部への辞令

 先輩はもともとIT技術者で、私が以前在籍していた会社でITシステムの設計や企画などの仕事に取り組んでいました。ところが、ある日突然、会社の都合で営業部への異動辞令が出ました。私も若手のころに似たような経験があります。技術職を目指して入社したのに営業に回されたため、自分の将来に不安を覚えました。先輩も同じような気持ちだったと思います。

 ただ先輩は単に自分の運命を恨むのではなく、本当に自分が営業としてやっていけるかについて、営業が好き…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1148文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。